So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ
前の10件 | -

福岡県町村会裏金、広がる接待汚染…新たに3人(読売新聞)

 福岡県町村会の裏金による県幹部接待問題で、同県前副知事・中島孝之容疑者(67)(収賄容疑で逮捕)と親しい複数の県幹部らが、町村会幹部から高級クラブやマージャンの接待を受けたり、ゴルフ旅行に招待されたりしていた疑いが次々と浮上している。

 接待問題を調べる県の「職員倫理調査委員会」は、これらの県幹部まで調査対象を広げ、「接待汚染」の解明を進める方針だ。

 読売新聞の取材に対し、中原潤一郎・元企画振興部長と高田則好・市町村支援課長は高級クラブなどで町村会幹部から接待を受けたことを認めている。

 さらに、詐欺罪で公判中の町村会業務課参事、天野敏哉被告(49)らの供述から、知事部局の現職部長と外郭団体に出向中の副理事(次長級幹部)、元部長の3人が接待を受けていた疑いがあることがわかった。

 中島容疑者は1993年から地方課長(現・市町村支援課長)を務めたが、中原氏と高田課長、副理事は当時同課に所属し、部下だった。部長は、中島容疑者が商工部長だった頃に同部に所属していた。

 ある県職員は「中島容疑者と高田課長は、師匠と弟子のような関係だった」と証言し、部長は中島容疑者の後任の副知事として名前が取りざたされている。

 取材に対し、部長と元部長は「接待は受けていない」と疑惑を否定。副理事は「接待を受けたかどうかはノーコメントだが、不適切な行為はあったと思う」と話している。

 調査委は当初、調査対象を中島容疑者と過去5年間、市町村支援課に所属した課長、担当部長ら計13人に絞っていた。

 新たに浮上した3人は当初、調査対象になっておらず、調査委は急きょ、副理事から事情を聞いた。近く第6回会合を開き、新たに調査する人物を協議する予定。2月下旬までに調査結果をまとめる予定だったが、結論の先送りは必至となっている。

KDDI顧問の伊藤氏を擁立=国際電気通信連合の委員選挙(時事通信)
自称霊能力者の民生委員ら、殺人と殺人未遂容疑(読売新聞)
鳩山首相、自殺問題に「政府として正面から取りかかる」(産経新聞)
五輪フィギュア チケット価格20倍超 ダフ屋横行(毎日新聞)
公務員倫理「低い」29% 人事院が市民アンケート(産経新聞)



海渡くん虐待死の継父、静岡で強盗事件…再逮捕(読売新聞)

 東京都江戸川区のアパートで1月、小学1年生の岡本海渡(かいと)君(当時7歳)が両親から暴行を受けた後に死亡した事件で、妻(23)とともに傷害罪で起訴された継父で電気工の健二被告(31)が、2009年に静岡磐田市で起きた強盗事件に関与した疑いがあるとして、同県警は24日、健二被告を強盗容疑で再逮捕した。

 発表によると、健二被告は09年6月2日午前、男5人(いずれも強盗容疑で逮捕)と共謀し、同市中泉の会社役員の男性宅に侵入、男性の妻(73)を刃物で脅し、手足を粘着テープなどで縛ったうえ、金庫から約880万円を奪った疑い。健二被告は「やりました」と話しているという。

 健二被告は、男性宅に押し入った3人のうちの1人とみられるという。県警では健二被告ら6人のほかに強盗事件に関与した者がいるとみて捜査している。

<強制わいせつ容疑>元Jリーガーを処分保留で釈放(毎日新聞)
シュワブ陸上案、米に打診=普天間移設で政府検討(時事通信)
平野長官、シュワブ陸上案「ゼロベースで検討」(産経新聞)
官房長官、こっそり東京離れる…説明も拒否(読売新聞)
漢方薬「保険適用継続」決まる 鳩山首相意向で一転して追い風(J-CASTニュース)



絵本画家の瀬川康男氏死去(時事通信)

 瀬川 康男氏(せがわ・やすお=絵本画家)18日午前10時8分、直腸がんのため長野県小布施町の病院で死去、77歳。愛知県出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻朱々子(すずこ)さん。
 代表作の「ふしぎなたけのこ」(66年)は、67年の第1回ブラチスラバ世界絵本原画展(BIB)でグランプリを受賞。「いないいないばあ」(67年)は刊行以来400万部を超えるロングセラーとなっている。 

<囲碁>プロ13勝7敗に 阿含・桐山杯(毎日新聞)
<NHK>朝ドラ「てっぱん」のヒロインに瀧本美織さん(毎日新聞)
<雑記帳>飼育員モデル「マルヤマン」CD発売 円山動物園(毎日新聞)
<首相公邸>改修費は474万円 鳩山首相の転居時(毎日新聞)
高校教諭が酒気帯び運転、工事の2人重軽傷(読売新聞)



オウム新実被告の死刑確定=最高裁(時事通信)

 地下鉄、松本両サリンや坂本堤弁護士一家殺害など11事件で殺人などの罪に問われたオウム真理教元幹部新実智光被告(45)について、最高裁第3小法廷(近藤崇晴裁判長)は16日付で、死刑判決に対する被告の訂正申し立てを棄却する決定をした。死刑が確定した。
 同小法廷は先月19日、「教団古参幹部の立場で、積極的な実行者として重要な役割を果たした」として、一、二審の死刑判決を支持、被告側上告を棄却していた。 

【関連ニュース
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
「厚生官僚の大罪許さない」=小泉被告が最終陳述
殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ
時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加

<将棋>久保の封じ手は8六歩 羽生は強気 王将戦第4局(毎日新聞)
予算委員長解任案を否決へ=公明は賛成−衆院(時事通信)
<交通事故>横断中はねられ小2男児死亡 愛知・春日井(毎日新聞)
普天間問題再び迷走 国民新党と社民党が対立(J-CASTニュース)
自民党 野田聖子議員、総裁選出馬に意欲(毎日新聞)



陸自PKOが作業開始=ハイチ復興支援(時事通信)

 ハイチの国連平和維持活動(PKO)に参加する陸上自衛隊の国際救援隊は17日未明(現地時間16日午前)、国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)の要請に基づき、首都ポルトープランスの空港隣接地で整地作業を開始した。
 隣接地は国連の管理用地で、隊員は日本から運んだ建設機械やダンプカーを使い作業した。救援隊の1次要員約200人は8日(同7日)以降、現地入り。今後もMINUSTAHの要請を受け、整地やがれき除去などを行う。 

【関連ニュース
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
陸自PKO、活動候補地を視察=ハイチ地震
陸自医療援助隊が活動終結=2954人を治療
施設部隊に高い期待=国連代表、陸自隊長に

<雑記帳>「天橋立まるごとフリーパス」サービス(毎日新聞)
<ベルリン映画祭>行定監督「パレード」が国際批評家連盟賞(毎日新聞)
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応−政府(時事通信)
喫煙中高生の3割、家族などの「タスポ」使用(読売新聞)
<もんじゅ>評価報告おおむね妥当 原子力安全委PT(毎日新聞)




社民、期限付き九州北部案で調整=国民新にシュワブ陸上案−普天間移設(時事通信)

 社民党は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の新たな移設案として、従来の米領グアムへの移設案に加え、九州北部に5〜10年の期限付きで移転する案を17日の沖縄基地問題検討委員会に提示する方向で調整に入った。一方、国民新党は米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)への統合案に加え、米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案を提起する方針を固めた。
 両党関係者がそれぞれ明らかにした。ただ、社民党内では、国内の地名を挙げれば支持者の離反を招きかねないとの懸念も根強い。同党は国内への移設案を提示する場合、検討委員の「私案」と位置付ける方針だ。 

【関連ニュース
小沢氏訪米までに普天間解決を=細野氏
普天間移設案、再協議=福島氏「国内提示」に反対
併合100年、韓国世論に配慮=「民族の誇り傷つけた」
大村市議会決議「反対で結構」=普天間移設先めぐり官房長官
普天間受け入れ反対を決議=長崎県大村市議会

住宅火事、2人死傷(産経新聞)
「自分もたたかれ育った」=小1男児暴行死で父親−警視庁(時事通信)
花粉シーズン到来 対策グッズが華やかに ファッション性アップ(産経新聞)
予算案、月内の衆院通過断念=24日に中央公聴会−民主(時事通信)
在校途中から「女児」に切り替え=性同一性障害の小2児童−埼玉(時事通信)



<iTunesストア>消費者庁が質問状 不審請求問題で(毎日新聞)

 アップル社の音楽配信サイト「iTunesStore(アイチューンズストア)」の利用者に身に覚えのない請求が相次いでいる問題で、消費者庁は17日、サイト運営会社に事実関係の詳細や不審な請求をされた利用者のサポート体制などについて尋ねる質問状を出した。

 消費者庁によると、質問状では▽不審請求の件数や被害額▽原因に関する見解▽IDなど利用者の個人情報の保護体制−−などについて、迅速に回答するよう求めている。質問状を受け取ったアップル社担当者は「社内で検討して回答したい」などと話したという。

【関連ニュース
アップル:音楽配信サイトで身に覚えのない請求相次ぐ
注目リリース:サン電子、「パンヌ − BrainFlash in沖縄」を配信
注目リリース:セガ、「ファンタシースターシリーズ」のオリジナルサウンドアルバムを配信
ドリカム:上村愛子、高橋大輔ら出演 アサヒビールの五輪応援CM曲 10日から配信
注目リリース:セガ、「Let’s TAP Digital Sounds」を配信

<鳩山首相>小沢、石川氏に「説明義務」(毎日新聞)
関東北部、甲信で大雪の恐れ=気象庁(時事通信)
<無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒(毎日新聞)
富山の男性4人戻らず=栂池高原で山スキー−長野・小谷村(時事通信)
手渡しによるおれおれ詐欺が増加 警視庁が緊急会議(産経新聞)



<中国>農地が急速に酸性化…温暖化加速を警告 米中チーム(毎日新聞)

 大量の化学肥料使用で中国の農地が80年代以降、急速に酸性化していることが、中国農業大や米スタンフォード大などの分析で分かった。肥料中の窒素は温暖化を進める亜酸化窒素の発生源で、チームは環境悪化の加速を警告している。12日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 チームは、80年代以降の全国調査などを基に、農地の酸性度(pH7未満が酸性)の変化を調べた。その結果、主要6地域中5地域でpH値が0.13〜0.8低下し、4地域で野菜の土壌がpH6以下になった。

 中国は急激な人口増加に対応するため化学肥料を大量使用。肥料による酸性化は酸性雨の10〜100倍の影響があり、発生する亜酸化窒素は二酸化炭素の約300倍の温室効果があるという。【元村有希子】

【関連ニュース
<こちらの肥料はゾウのフン>天王寺動物園:天王寺蕪を収穫
農薬なし肥料もなしのお茶
耕さず肥料なし…自然農法15年
耕さない田畑で育ついきいきした作物と人
<ニュースがわかる>国産の野菜が今、人気

参院過半数で社民の心理的影響を注視−自民・大島幹事長(産経新聞)
石川衆院議員、辞職せず(時事通信)
「すき家」に強盗、刃物男が73万奪う…名古屋(読売新聞)
比例選候補、若返り進む自民…前回より約2歳(読売新聞)
【1都4県週刊知事】埼玉 上田清司知事 高速無料実験に異議(産経新聞)



雑記帳 バレンタインデーには「油揚げ」…ハート型です(毎日新聞)

 福井県坂井市の油揚げ製造「谷口屋」がバレンタインデーの贈答用にハート型の油揚げを販売している。「年配の方にはチョコより喜ばれそう」と好評だ。

【写真特集】バレンタイン:かまぼこ、お猪口…“脱チョコ”健闘 「甘くない愛」もある?

 縦横各13センチ(1枚)〜3センチ(5枚)の5サイズがあり、いずれも270円。1日100個販売。奇麗な形に仕上げるため、材料をくりぬく型を作るのに試行錯誤したという。

 創業85年の老舗が初めて揚げたハート型。担当者は「これならトンビ(ライバル)にさらわれることはありません」。通販も可。問い合わせは同社(0776・67・2202)へ。【安藤大介】

【関連ニュース
【こんなバレンタインも】バレンタインデーに京漬物を
【こんなバレンタインも】ラッコ:バレンタインに「ハート氷」
【こんなバレンタインも】バレンタインデーに 南部せんべい新商品
【バレンタイン特集】本年・・・

【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)
訃報 山口安次郎さん105歳=西陣織職人(毎日新聞)
【日本人とこころ】岩崎弥太郎と志(上)常に広い世界を意識(産経新聞)
山中に死体遺棄、74歳を逮捕 知人と金銭トラブルか(産経新聞)
逃走のニホンザル公開=柵で対策、落ち着いた様子−上野動物園(時事通信)



前の10件 | -
-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。